mount /dev/DiSK /mnt/blog

DiSKの日記帳です。更新頻度から行くと月記?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラケット重量調整

ストロークの打ち方をフラットからスピン中心に変えたら打ちにくくなったので、ProKennex Ki5 PSEの重量を見直してみた。

変更前はHeritage TypeCに合わせてグリップエンドに鉛を10g+レザーグリップ(約+10g)+フレームの2時10時方向に合わせて6g、合計でフレーム重量340gで使用

サーブとマッシュはいいもののストロークの打ち方を変えたせいかやや振り遅れを感じるようになったので調整することにした。

とりあえずフレームの鉛をはずして、グリップエンドのみ鉛をつけた状態にしてみた。
かなりトップライト状態、ストロークはパワーが無くなったもののスピンがよく掛かりコントロールしやすい。
しかし、スマッシュやサーブの縦振り系のスイングは少し打点が狂うとヘッドが軽くなった分パワー不足感があっていまいち。


次にフェイスの下のほうに鉛を3g追加してテスト
フレームの鉛をはずした時とがあまり変わらない気が…少しはいいかな
思うようになりませんね

グリップエンドから鉛をはずすのが難しいので次はフェイスの下のほうに鉛を6g追加して次の機会に試してみようと思う。
    

よく行くテニスショップの店員とコーチからたまたまHEAD YOUTEK Speedシリーズを勧められたのでの試打ラケットがあったLITEとProを試してみた。

衝撃の強さでフレームの硬さが変わるということでちょっと期待
MPかELITEがあればよかったんだけどね

LITE:軽すぎる。
    普通の柔らかめの中厚ラケットという感じ
    フレームの硬さの変化もそれほど感じられなかった
    自分には合わない。

Pro:重さは思ったほどでもなく問題なく使えそうな感じ
   スライスやつなぐボールは適度にしなって好感触
   強打した時は硬くなって球離れが速く使いにくい。
   ナイロンのモノガットだったのでガットを変えたらもしかしたら合うかも…
   と思ったけどカウンターが打ちにくそうなので変えるのは無かな
スポンサーサイト

テーマ:テニス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enban.blog15.fc2.com/tb.php/405-8068fd39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。