mount /dev/DiSK /mnt/blog

DiSKの日記帳です。更新頻度から行くと月記?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補足2

検索ワードで多かったものの内容を細かく説明する補足記事第2弾

今回はWindowsのSP適用CD作成についてです

再インストールして、オンラインアップデート中にウイルスの感染って結構ありますから、知っていると便利です。

まぁ、SP適用済みCDを作るフリーウェアもありますので、自分でやってみたいと言う人は、続きをどうぞ
1)OSのインストールCDの中身をローカルのフォルダにコピーします

2)MSのTechNETのDLサイトから開発者ITプロフェッショナル向けネットワークインストールイメージをDLします
インターネットからDLしながらアップデートするツールではなく
必要なファイルがすべて入ったパッケージなので300MB以上ですので気長に

3)DLしたSPのEXEファイルを/helpをつけてファイル名を指定して実行から起動します
このとき、指定したPathにインストールするためのOptionを調べてください
ちなみに、
WindowsXPSP2、WindowsServer2003SP1は/integrate
Windows2000SP4は-sです

4)SPに3)で調べたOptionをつけてローカルにコピーしたインストールCDの中身をコピーしたフォルダに適用(↓こんな感じで実行)
SPファイル.exe /integrate:<インストールメディアをコピーしたPath>

5)インストールCDからBOOTイメージを抜き出します
ツールはBBIE(http://www.nu2.nu/bbie/)
コマンドプロンプトからbbieのPathに移動し、
bbie :
できたimage1.binファイルをインストールCDの中身をコピーしたディレクトリにコピーします

6)ISOイメージを作成します
ツールはcdrtools(ftp://ftp.berlios.de/pub/cdrecord/alpha/win32/)
cygwin1.dll(探すといろいろ出てくるので・・・・)
cygwin1.dllをcdrtoolsを解凍したフォルダへコピーします
コマンドプロンプトからcdrtoolsのフォルダへ移動し
mkisofs -b image1.bin -no-emul-boot -J -N -o <作成するisoファイル名.iso>

7)ライティングソフトでISOイメージとして焼きます


以上SP適用ソフトの作成方法でした

VectorでSP+メーカーをDLしてきたほうが簡単かな・・・


スポンサーサイト

テーマ:パソコンテクニック - ジャンル:コンピュータ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enban.blog15.fc2.com/tb.php/83-b5090189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。